読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-3.00の日々

聴いた音楽の感想文やレビューを勝手に書いてます。

YOMOYAが解散してしまったこと。

 

f:id:meganeeeeeeee:20170330091106p:image

 

こんにちは。鈴木です。

 

エレクトロとロックの融合。
最近では多く見かけ、それが万人ウケするよう、改良されてったのが流行りのダンスロックだと思う。
KANA-BOON夜の本気ダンスがいい例かな。

YOMOYA(ヨモヤ)はかっこよかった。
シンプルな音楽でありながら、今までのロックシーンにはない斬新さがあった。
間違いなくメジャーに行くと思った。
それでも何故解散してしまったのか。
今回はYOMOYAの良さを。


1.YOMOYAとは

03年初夏より、渋谷、新宿、下北沢を中心に活動するトリオ。
06年には、スコットランドの至宝ARAB STRAPの来日解散ツアーのオープニング・アクトに抜擢。
08年6月、1stアルバム『YOURS OURS』をリリース。
レコーディング、ミックスにこだま和文などを手がける手塚貴博を迎えて制作されたこのアルバムは、トクマルシューゴから絶賛コメントを寄せられたり、クッキーシーン誌にて岡村詩野氏に「くるりがデビューしてきた時のような、ちょっと不気味な手応えを感じる」と評されたのをはじめ、各誌で絶賛を浴びる。→http://www.andrecords.jp/artists/yomoya.htmlより一部引用

 


引用先のリンクを見れば分かるんだけど、かなり精力的に活動してたんだと思う。
表立ったことはないにせよ、色んなアーティストに絶賛されてることからこのバンドには魅力があったことに間違いない。
実際に聴くとかなり、いい。

 


PVが素敵。ここまで曲とマッチしてる感じもあまりないよね。
そしてこのシンプルさ。何故か体が勝手に揺れてしまう。
気づけばyoutubeで他の曲も漁り始める。
このジワジワ感がYOMOYAの武器だと思う。

 


チープさや不気味さがありながら、サウンドがウォーム。暖かい。ぬるい。
無機質に鳴るギターの音と、ひたすらポンポン鳴ってるキーボードが心地よく、夜に聴くとより良い。
他にこんなバンドいただろうか。


2.アルバム毎の完成度

アルバムを過去に3枚出しているYOMOYA
コンセプトが違うのか、3枚とも雰囲気がまるで違う。
でも無機質系サウンドはそのままなので、どれを聴いてもYOMOYAだとすぐ分かる。ユニクロのCMみたい。

3rdの[Yawn]が個人的に一番すごい。
アルバムとしてはポップ色が強く、かなり聴きやすい。
YOMOYAを初めて聴く人はこのアルバムから入っていくのがいい気がする。

 

 

2ndが一番意味不明。
2ndが一番切ない。


3.解散理由

山本達樹(Vo, G)は解散の理由について、自分たちの音楽を信じ続けることが難しくなってしまったこと、音楽だけをやるにはメンバー個々の環境や状況が入り組んでしまったからと説明。さらに、メンバー間の齟齬や個人的な事情から長倉亮介(Key)が脱退を希望し、彼なしではYOMOYAは成立しないことから解散を決めたと述べている。また「僕ら自身としては、決して悪い形の終わり方ではないです。納得できないと言ってくれる人がいたら、それはそれで僕らは幸せ者です」と綴っている。
http://natalie.mu/music/news/58273より一部引用

 

きっと、もう少しメディアが早く取り上げたりしていればこんなことにはならなかったんじゃないかと僕は思う。

もう少しこのバンドを優遇してあげるべきだったと思う。そうしたらキーボードが脱退しても続けていた、いや、続けざるを得なかったと思う。メンバーチェンジを繰り返してでも活動しているバンドは待っているファンが多いからだ。背負っているファンからの期待があるからだ。数ではないかもしれないが、実際は数と金は比例する。バンドマンとして生きていくには数がやはり必要なのだ。きっと苦渋の選択だったのだと思う。


やはりこういうバンドは早く芽が出ないといつの時代も報われない。
バンドとしては続けたかったけど、続けられるような状態ではなくなったというのは一番悲しい。


4.最後に

 

 

正直YOMOYAは続けて欲しかった。
個人的にすごく好きだったし、ライブに一回でもいいから行きたかった。
こんなオシャレなライブ。体験してみたかったな。

音楽業界のことってあんまり詳しくないけども、
こういうバンドが消えていくのは辛い。
もう少しこういったバンドマンが救われるような世界になればいいのだけれども。
頼むよ。

 

 

YOURS OURS

YOURS OURS

 
Yawn

Yawn

 
Yoi Toy

Yoi Toy